代表取締役 丹羽晴美からのメッセージ

就職、転職をお考えのみなさんへ

Beauty House Haruは今あらたなパワーを求めています。

みなさん美容師はどんな仕事かご存知ですか?
私は18歳から美容に携わっています。
外見を変える事でお客様が凄く喜んでいただける仕事だと思っていました。
でも美容師は髪を切ったり、セットしたりメイクしたり外見を綺麗にするだけではないと知ったのは美容をやり続けてわかりました。

それは、どういうことか?

勿論、美容師の仕事は外見を綺麗にする仕事です。
だから、ヘアカットやメイク、ヘアセットを練習することは当たり前。
そして練習したその先に何があるかイメージしてみて欲しい。
ただ、技術だけ上手い人が売れっ子になるのか?
「私は不器用だから、センスないから、人見知りだから、、」
実はそんな人の方が将来売れっ子になってます。

多分コンプレックスがない人はほとんど出会った事はありません。
コンプレックスを強みに変えることができるのが美容師です。
自分のコンプレックスを改善できた人は悩める人の気持ちがわかるからです。
人の気持ちがわかる人、人の為に努力できる人。お客様はそんな美容師さんに出会いたいです。
そんな人に出会えたお客様は気持ちも癒されますし、元気になり健康な気持ちにもなります。

美容師は1時間以上お客様と時間を共にします。
ただ髪を切るだけの美容師ではなく、人の気持ちに寄り添い、元気を与える。Beauty House Haruはそんなサロンなんです。

そして当社はお客様、スタッフの健康を害させない美容商材にもこだわっているので手荒れはありません。

現在のスタッフは私HARUはじめとして、TVコマーシャル、雑誌、パリコレメイク、ショー、専門学校講師、ヘアー&メイクの仕事も数多く手がけているので美容室向け以外の撮影にも対応できるヘアセットや撮影メイクを学べ、現場での仕事も体験でき、将来撮影の仕事も手がけることもできます。

スタッフ1人1人が将来に向けてどうしたいのか?どんな技術、スキルアップしていきたいのか?
夢を実現する為にサポートします。

当社は、病気やケガなどで髪に悩みのある子供への医療用かつらを無料でプレゼントするヘアードネーションや外出できない高齢者の方や妊婦の方への訪問美容も行なっています。

スタッフ1人の力が会社の力を強め社会に貢献できるサロンを常に目指します。
やりがいのある、頑張れば頑張っただけちゃんと自分に返ってきます。

美容の仕事は沢山の人に勇気を与え、情熱のある仕事です。
2018年3月に千葉県船橋に2店舗目をオープンします。新たなるパワーを求めています。
お会いできる日を楽しみにしています。

株式会社 HARU
代表取締役 丹羽晴美

丹羽晴美(HARU) プロフィール

撮影、サロンワーク、講師、ブライダルなど幅広いヘアーメイクアーティストとして活躍。
都内の有名美容室に勤務後、ヘアー&メイクアーティストとしてメディア媒体ジョンソン&ジョンソン、任天堂、ローソン等のCM、ロレアルやウェラ、TAYA等のショー、2007年には春夏パリコレクションのMakeを担当する。
2010年は映画の「BECK」メイクも手がける。わかりやすい語り口のヘアーメイクの解説でTVに出演したり、パリコレコンテスト審査員、講議やメイクスクールを行ったりと幅広く活躍。
髪も肌も土壌が美しければ本来の本当の美しさを維持出来ると確信して本格的なヘッドスパをメインとしたトータルビューティサロンBeauty House HARUを開業。
地域活性のイベント、商店街の理事を務め商店街の活性活動。渋谷区から2015年1月商店街からの推薦にて優良店主として表彰される
現在は結活に向けた男性向けのトータルコーディネートチーム結成し活動準備と平行して少子化に向けた女性専用の癒し&健康サロンを開業する為に活動中。