ヘアドネーションとは

2017/10/15

ヘアドネーションというものをご存知でしょうか??

ここ数年で少しは認知度が上がってきたかなと思います。

当店でも4月にNPO法人ジャパンヘアドネーション&チャリティー(JHD&C)に加盟し、ヘアドネーションカットを行うようになりました。
店内でお客様にご案内したところ、4月~9月の間で5名のお客様がヘアドネーションにご協力くださいました。

今回はヘアドネーションについてご紹介したいと思います。

 

☝へアドネーションてなに?☝

 

「ドネーション」という言葉は寄付、寄贈、贈与という意味があり、「ヘアドネーション」とは小児ガン、無毛症、先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった子供たちの為にウィッグを作る為の髪の毛を提供するというものです。

髪の毛を失った子供たちに笑顔、明るさ、元気、勇気を取り戻してもらいたいというところから日本では2009年から普及活動がおこなわれています。

JHD&Cでは提供するウィッグをOnewigといっています。

このOnewigは2017年の10月現在では184名の子供たちが待っているとのことです。

ウィッグを1体作るのにおよそ30人分の髪を使うそうです。
184名の子供たちにウィッグを提供するためにはざっと計算しても5520人分の髪の毛が必要ということになります。

さらに1体作るのに約10万の費用が掛かります。その為加盟店ではカット代の半分をJHD&Cに寄付することになっているのです。

また当店にも募金箱を設置しており定期的に寄付するようにお客様にお声がけしています。

 

☝ドネーション出来る状態や長さについて☝

 

では実際にどのような状態の髪なら提供できるのかをご紹介致します。

まず長さですが、こちらは31㎝以上になります。

パーマやカラーの施術は行われていても構わないそうです。

また年齢も問わずなので、誰でも参加することができるのです。

長さが確保できていれば大丈夫ですね。

 

髪は1カ月に約1cm伸びますので、今から数えると31カ月(2年7カ月)後に寄付できるようになります。

これを機にドネーションで社会貢献してみませんか?

 

☝実際にやってみた☝

 

人にお勧めするならば、自らもということで、ヘアドネーションしました!!

初めてのドネーションカットにドキドキです( *´艸`)💕

ギリギリ31cmの毛束をとることができました!!

バッサリ!!久々のショートヘアです♪

ここからまたドネーション用に伸ばしていきます(≧▽≦)

あと31ヶ月後に寄付出来るようにヘッドスパしながらきれいにのばしていきます☆

 

ドネーションしたい方募集中です(^^)/

 

BeautyHouseHARUの入口は、商店街の通りから少し奥まったところにあります。
入りますと右手に緑色のソファーがありますので、お掛けになってお待ちください。
担当スタッフがご案内に参ります。テーブルの上にあるパンフレットやテーブル下にある雑誌をご自由にご覧ください。